スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

140 脉浮而動数 大陥胸湯

140「太陽病、脈浮而動数、浮則為風、数則為熱、動則為痛、数則為虚。頭痛、発熱、微盗汗出、而反悪寒者、表未解也。医反下之、動数変遅、膈内拒痛、胃中空虚、客気動膈、短気躁煩、心中懊憹、陽気内陥、心下因鞕、則為結胸、大陥胸湯主之。若不結胸、但頭汗出、余処無汗、剤頸而還、小便不利、身必発黄也。」

「太陽病、脈浮にして動数、浮は則ち風と為し、数は則ち熱と為す、動は則ち痛みを為し、数は則ち虚と為す。頭痛、発熱し、微しく盗汗出で、而して反って悪寒する者、表未だ解せざる也。医反って之を下し、動数が遅に変じ、膈内拒痛し、胃中空虚、客気膈を動じ、短気躁煩し、心中懊憹し、陽気内陥し、心下因て鞕(かた)きときは、則ち結胸と為す、大陥胸湯之を主る。若し結胸せず、但だ頭のみ汗出で、余処に汗無く、頸を剤(しき)りて還(めぐ)り、小便不利すれば、身必ず黄を発するなり。」

浮は、風
数は、熱
動は、痛
数は、虚
頭痛、発熱、微盗汗出、悪寒・・・頭痛、発熱、汗出、悪風、脉浮暖が桂枝湯です。しかし、汗出は微盗汗出、悪風は悪寒となっています。
盗汗は寝汗です。
つまり、起きているときは悪寒があり、寝ているときは寝汗が出るという状況です。
医反下之・・・医は何を目標に下したのでしょうか。それが分からないと私も同じ間違いをします。

寝汗は、実熱か虚熱かです。脉は熱でも虚でも数となります。
しかし起きている時は発熱悪寒で実熱です。
結果、実熱と判断して下しています。

では正解の処方は何でしょうか。
正解は、小建中湯です。
脉の「動」を、「熱の数と虚の数の間を動く」と解釈します。
また、熱から虚、虚から熱と変化が激しいので悪寒と共に痛みを現します。
熱実を目標に下して失敗ですから、虚と考え小建中湯が正解になります。

そうとも言えないかもしれません。
毎回思うことに、「医が誤治をするのだろうか。」ということです。
この時代、張仲景を持ってしても、治療の結果から治れば正しく、治らなければ誤治と記述されていると考えられます。
ですから、下して治る場合もありますが、それを書く必要はなく、治らない場合だけが記述されることになります。
つまり、脉浮数(熱実)の時に下すと治し、脉浮数(虚)の時に下すと治らない、となります。

下した結果は(治らない場合)、
動数が遅・・・虚実の間を動いていた脉が遅となったのです。
これで脉は寸脉浮、関脉沈となり、
膈内拒痛し、胃中空虚、客気膈を動じ、短気躁煩し、心中懊憹し、陽気内陥し、心下因て鞕(かた)い
これは結胸です。
もし、結胸にならなかったら、
頭汗出、ほかの所からは汗が無く、小便不利ならば、黄を発す。
これは蔵結です。

この条は136条の実例となっています。
136「病発於陽、而反下之、熱入因作結胸。病発於陰、而反下之、因作痞。所以成結胸者、以下之太早故也。」

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

しょうかんぽん

Author:しょうかんぽん
傷寒論 厥陰病編が終わりました。
霍亂病の解釈は休憩にします。
ただ今、最初から読み直しています。
このブログのスタートの時とは、解釈に違いがあります。
より独創的な解釈になります。
しばらくお待ちください。
愛知の薬剤師、三品です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。