スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中風と名づける

体温の変化
2「太陽病、発熱、汗出、悪風、脈緩の者、中風と名づけるとなす。」(原文は、他のサイトを参照)

この条文の状態は、発熱の図のCです。
「発熱」は、図からもわかるように発熱上昇中と高温停滞中と解熱中に分けました。
どの場合も「発熱」です。
しかし「汗出」は、熱の放散ですので解熱中になります。このまま解熱してしまえば完治となります。
しかし「悪風」があるので治りません。(E1)

「悪寒」と「悪風」の違いを説明します。
悪寒は、さむけの継続している状態です。途切れることなくぞくぞくします。
悪風は、さむけが断続してくる状態です。さむけがあったりなかったりします。
悪寒は、直線的に発熱上昇を支持します。
悪風は、戸惑いがあります。発熱しても上昇、停滞、または解熱を繰り返している状態です。つまり、発熱における生体の体温のセットポイントは、最初から高め設定、少しずつ階段を上るように設定を上げていく、上下を繰り返す、などが考えられます。この違いが悪寒と悪風になります。

そして脈が緩となっています。
橈骨動脈が緩んでいるのですが、緊張がなくなっていることを言っています。血管平滑筋の緊張が減り、汗腺が開いたとなります。

もう一度、条文を見ましょう。
「発熱」は、熱生産の亢進です。「発汗」は、放熱反応で解熱です。「悪風」は、体温のセットポイントが定まらないことを示しています。これからわかることは状態が不安定で反転しやすいということです。これが「中風」です。このなかでの脈緩は、緊に近い緩からやわらかい緩まであり、それは「発熱」「発汗」「悪風」のバランスを示しています。

初めの3条は、症状を伝えたいのではなく、症状の持つ意味を伝える為に特別な扱いで書かれています。病気の判断は、後の条文において行なわれますので、この3条に対する処方は記載されていません。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

しょうかんぽん

Author:しょうかんぽん
傷寒論 厥陰病編が終わりました。
霍亂病の解釈は休憩にします。
ただ今、最初から読み直しています。
このブログのスタートの時とは、解釈に違いがあります。
より独創的な解釈になります。
しばらくお待ちください。
愛知の薬剤師、三品です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。