スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

379 嘔家有癰膿者

379「嘔家有癰膿者、不可治嘔、膿盡自愈。」

「嘔家癰膿有る者、嘔を治すべからず、膿つきれば自ら癒える。」

嘔吐しやすい人に、癰膿が有り、その膿を排出するために嘔吐するということがあります。
この場合は、膿がつきれば嘔吐は無くなるので、嘔吐を止めてはいけません。

実際の病状は、どのようになっているでしょうか。
嘔吐物に膿が混じるということです。

肺炎ならば、膿のようなタンが出ますが、主症は咳です。
吐瀉物中に膿のようなものが混じるということは、神経系の圧迫などではなく、呼吸器系と消化器系のトラブルに限定されます。
呼吸器系ならば、当然咳が主症になります。

この条文の状態は、「消化器系における病気で嘔吐があり、吐瀉物に膿のようなものが混在する、一時的に嘔吐するが、安定すると嘔吐が止まり、正常に戻る。」ということです。
これに該当する病気を検索すると、膿ではないけれど嘔吐物が黄色いということで、胆汁性嘔吐が近い病気となります。
胆汁性嘔吐は新生児や乳幼児に多いようなのですが、状態としては腸閉塞などにより消化物が逆流している状態です。
ですから、消化物が無くなるか、消化物が腸を通過できれば、自癒ということになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

しょうかんぽん

Author:しょうかんぽん
傷寒論 厥陰病編が終わりました。
霍亂病の解釈は休憩にします。
ただ今、最初から読み直しています。
このブログのスタートの時とは、解釈に違いがあります。
より独創的な解釈になります。
しばらくお待ちください。
愛知の薬剤師、三品です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。