スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

48 二陽併病

48 「二陽の併病、太陽に初めて病を得たる時、其汗を発せしに、汗先ず出でたけれども徹せず、因って転じて陽明に属し、続いて自から微汗出で、悪寒せず、若し太陽の病証罷まざる者は、下すべからず、之を下せば逆と為す。かくの如きは少しく汗を発すべし。設し面色縁縁として正赤なる者は、陽気怫鬱して表に在り、当に之を解すべし。之を薫じ、若しくは汗を発するも徹せず、言うに足らざれば、陽気怫鬱して超ゆるを得ず、当に汗すべくして汗せざれば、其の人躁煩して、痛む処を知らず、乍ち腹中に在り、乍ち四肢に在り、之を按ずる得べからず、その人短気但だ座するは、汗出でたるも徹せざるを以っての故なり、更に汗を発すれば則ち愈ゆ。何を以って汗出で徹せざるを知るか、脈濇を以っての故に知るなり。」

「二陽併病」
「太陽病、初め病気になった時に葛根湯を服用し、発汗したが徹しなかった。次に太陽の影響が陽明に現れ二陽の合病になった。陽明の熱は、内からじわり浮き上がってくるので微に汗が出て、悪寒がない。これを本当の陽明邪実と考え下してはいけない。少し汗を発するのが良い。」
「正に赤き者」とは桂枝證である。
この陽気を解したいのだが、どうしても発汗が徹しない。
発汗剤を与えてうまく発散できなければ、いろいろな症状が現れる。
では、どうして汗が徹しきれないのでしょうか。
「太陽病、桂枝證、医反って之を下し、利遂に止まず、脈促者、表未だ解せず也。喘して汗出者、葛根黄芩黄連湯之を主る。」
に絡んでいます。
太陽陽明合病を下さなくても、太陽の影響で現れた内熱が、その存在を実体化したところが少陽であったのです。
つまり、「発汗を徹しなさい」と言っているのではなく、「発汗が徹しない理由」を考えなさい。
それは、発汗剤の選択に問題があるのではなく、内熱、少陽熱が存在しているからです。
37「太陽病、十日以って去らず、脈浮細にして臥するを嗜む者、外すでに解すなり。もし胸満脇痛する者は、小柴胡湯を与う。脈ただ浮の者、麻黄湯を与えよ。」
この小柴胡湯と麻黄湯の条文が、この二陽併病の伏線となっています。
「外已解」ならば「脈促」になります。しかし、「外未解」ならばこの二陽併病となり、「脈濇」となります。
条文頭に「二陽併病」と書かれているので、二陽併病の病態から始まっていると考えてしまいますが、そうではなく二陽併病の成り立ちの説明になっているのです。
そしてこの太陽と少陽の併病の病態を現わしているのが、「脈濇である」となります。
脈は、実態です。
現時点の考えでは、合病の場合は主犯格の病気の脈証を現わし、併病の場合は、二病の影響がそのまま脈証に反映されると思っています。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

しょうかんぽん

Author:しょうかんぽん
傷寒論 厥陰病編が終わりました。
霍亂病の解釈は休憩にします。
ただ今、最初から読み直しています。
このブログのスタートの時とは、解釈に違いがあります。
より独創的な解釈になります。
しばらくお待ちください。
愛知の薬剤師、三品です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。