スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

38,39 大青龍湯

38「太陽中風、脈浮緊、発熱、悪寒、身疼痛、汗出でずして煩躁の者、大青龍湯之を主る。若し脈微弱、汗出で悪風の者、之を服すこと可ならず。之を服せばすなわち厥逆、筋肉潤、此れ逆と為すなり。」
39 「傷寒、脈浮緩、身疼まず、但重く、乍ち軽き時あり、少しも陰の証無き者、大青龍湯之を発す。」


ここでも症状によって処方を決めていないことがわかります。
また、傷寒と中風の関係も症状の強弱ではないことがわかります。
38,39条をまとめて解釈します。
中風と傷寒の確認をします。
中風とは、陰と陽が別々に分かれていることを示します。
  「陽浮而陰弱」の浮弱がポイントではなく、「陽と陰」がポイントです。
傷寒とは、陰陽が分かれていないことを示します。
  「陰陽倶緊」の緊がポイントではなく、「陰陽倶」がポイントです。
傷寒と中風では、病気は傷寒から始まり中風はその後です。
なぜ傷寒論では、先に中風の桂枝湯類から記述されているかというと、治療に訪れる患者の多くは、発病してから時間が経過している場合が多いからです。発病初期には患者は診療所に来ないのです。すでに発熱してから1日経っているか、またはなにがしかの治療を試みたが治らないので診療所に来る場合が多いからです。
治療指針としては、頻度の高い中風が先に書かれ、その始まりの傷寒を後に書いて、その病気のパターンを示しているのです。

39 「傷寒、脈浮緩、身疼まず、但重く、乍ち軽き時あり、少しも陰の証無き者、大青龍湯之を発す。」
38「太陽中風、脈浮緊、発熱、悪寒、身疼痛、汗出でずして煩躁の者、大青龍湯之を主る。若し脈微弱、汗出で悪風者、之を服すこと可ならず。之を服せばすなわち厥逆、筋肉潤、此れ逆と為すなり。」
と並べてみるとわかりやすくなります。
39条では、陰陽倶脈浮緩、ただ重く感じ、時々重くないときもある。どこで大青龍湯を選択することができるでしょうか?
脈浮緩は桂枝湯と同じです。発汗があり血管は拡張しています。
この脈証から身疼痛はないことがわかるのに、なぜ「身痛まず」と書いたのでしょうか?
「身痛まず」を必要な文と考えると、こうなります。
身体痛は、無汗を想像します。ここでわざわざ「身痛まず」と書いたのは、汗がないからです。
そうなると脈は緊となりそうですが、実際は緩です。

脈が緊になる理由は、外寒があるからです。
その外寒の影響を打ち消し、脈を緊から緩にするものがあった。
それが内熱の存在です。
葛根湯から始まる太陽病編は、いまのところ外寒と内熱の関係が書かれています。

傷寒:陰と陽が一つにある状態で、
脈浮緩:脈は外寒から浮緊になるところなぜか内熱があるため緊張があたためられ緩になっている、
身痛まず:汗は出ていない、
但重く:外寒による影響が内熱によって打ち消されているため身体が重く感じるだけである、
乍ち軽き時あり:外寒と内熱のバランスがとれるとき身体は重く感じない、
少しも陰の証無き:脈浮緩と身体が重いは虚証の場合もあるので、それを否定している。このような状態は大青龍湯によって外寒と内熱を治します。
外寒は麻黄湯で、内熱は石膏で治します。
実際では、無汗と脈浮緩の矛盾に気が付かなければなりません。

そして38条になります。
中風は、傷寒では一つになっていた陰陽がバラバラになります。陰病と陽病の2道に分かれるのではなく、一人の患者の様態が陰のときもあれば陽のときもあるというように変化すると考えられます。
37条の傷寒では、陰陽がくっついていたためお互いの勢いを打ち消しあい、見た目症状が軽く見えましたが、中風になると陰陽が離れてしまうため、それぞれの症状が激しくなります。
陰の影響を受けない状況が「脈浮緊、発熱、悪寒、身疼痛、汗出でずして煩躁の者」。
陽の影響を受けない状協が「脈微弱、汗出で悪風の者」となります。
つまり、患者さんの様態を診たとき、脈浮緊の時は大青龍湯を与えますが、脈微弱の時は大青龍湯を与えないでください。となります。
もともとは、太陽中風であるとされている時点で、陰と陽が分かれる病態であることを理解し、診察に注意が必要なのに、それがなされていなかった。そこで、後人が注意書きを付け足したものです。

「太陽中風、陽浮而陰弱、陽浮者、熱自発。陰弱者、汗自出・・・桂枝湯主之」とパターンは同じです。
ただし陰陽の振幅が小さければ桂枝湯の許容範囲として一つの処方でカバーできましたが、38条では振幅が最大なので陽浮では大青龍湯となり、陰弱は大青龍湯ではけません。と書かれています。

それでは「脈浮緊、発熱、悪寒、身疼痛、汗出でずして煩躁の者」に麻黄湯を与えてはいけないのでしょうか。
いいかもしれません。内熱が残るので、後から処理することになりますが。
では「脈微弱、汗出で悪風の者」には、どんな処方が良いでしょうか?
ここは、なにも与えてはいけません。
病気によって「脈微弱、汗出で悪寒」を現わしているというよりも、発汗解熱による一時的状態を示しているからです。

もう少し説明しましょう。
脈浮緊と脈微弱の関係についてです。
イメージはジェットコースターです。
脈浮緊は、上りの緊張感と増加する位置エネルギーになります。
コースの頂上に着くまでの間、ドキドキと緊張、一番高い場所に着くと位置エネルギーは最高に達します。
それまでの間が脈浮緊です。
脈微弱は、下りコースで身体を預ける脱力と急激に放出される位置エネルギーのようなものです。
身体に力は入らず、コースターから降りた時はふらふらしてしまいます。

病態で考えます。
発汗解熱時に熱が発散されます。そのエネルギーの発散が生産より多くなるので、脈はマイナス;虚の状態になります。
それが脈微弱です。
解熱のスタートにおける位置エネルギーが高ければ高いほど、解熱は急角度になり、弱の脈はますます弱くなります。
発熱が低ければ、解熱時の脈は少しだけ弱になります。
このように考えると「脈微弱、汗出で悪寒」の間は、「様子を見守りましょう」となります。

中風はなぜ発熱と解熱を繰り返すのでしょうか?
時間稼ぎでしょうか。免疫が病気に抵抗するための対応策を整備するには、それなりの時間が必要です。最初の発熱時で病気に抵抗しながらデーターを収集し、40℃近くになると一時休戦し、一度身体を冷やしてから再度戦いの準備をし、再戦が始まり発熱状態になります。過去に対戦相手のデーターがあれば、最初の戦闘時の発熱だけで勝利できます。
そう考えると中風の解熱は病気が治る時ではなくて、体調の都合により戦争の一時放棄と考えられます。実際にも体力がない老人の場合には発熱しない場合があります。これは戦争放棄状態であり、病気はじわじわと進行していくのでしょうか。
発熱に対しリミッターも一つではなくいろいろなリミッターがあるのでしょう。
現在、発熱にかかわる仕組みはいろいろと分かってきました。例えば内因性発熱物質と内因性解熱物質など、しかしそのコントロールはどのようになっているのでしょうか。
現代の生理学により解明が進むことが、この条文の解釈を発展させてくれます。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

しょうかんぽん

Author:しょうかんぽん
傷寒論 厥陰病編が終わりました。
霍亂病の解釈は休憩にします。
ただ今、最初から読み直しています。
このブログのスタートの時とは、解釈に違いがあります。
より独創的な解釈になります。
しばらくお待ちください。
愛知の薬剤師、三品です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。