スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

27 桂枝二越婢一湯

27「太陽病、発熱悪寒し、熱多く寒少なきも、脈微弱の者は、此陽無き也。発汗すべからず、桂枝二越婢一湯の方に宜し。」

越婢湯とはどんな漢方薬でしょうか。

傷寒論では、この条文しかなく、金匱要略の水気病に出てきます。

「風水、悪風、一身悉腫、脈浮、不渇、続自汗出、無大熱、越婢湯之を主どる。」

「軽いさむけがあり、全身がむくみ、脈浮、口は渇かず、絶えず汗が出て大熱があるわけでもない。」
本来は、むくみがあると口は渇き、脈は沈むはずです。
汗が出ているからそのため熱放散があり、そのためさむけがし、発熱による寒気ではありません。
「大熱無し」をどのように考えるますか?
「大した熱は無し→微熱有り」または「体に熱無し」
むくみがある体において、腫れているところの熱はあっても全身の体温が上がるわけではないという意味と考えます。
では、脈浮はどうしてでしょう?
考えついたのは、風水のこの場合脈は洪大であり、それが浮腫のために脈波の伝達が脈浮に低減されていると考えます。
不渇は、汗や浮腫になる水の供給が枯渇していないことを意味し、脈洪でも良いことを保証しています。

27条本文に戻ると、発熱悪寒に虐の姿は無く、それは発熱が激しくないことを意味しています。
発熱状態は、太陽中風です。
「脈微弱の者は、此陽無き也。発汗すべからず」として、発汗を禁止しています。
これによって、一般には桂枝湯を禁止していると解釈していますが、それは桂枝を発汗剤と考えているからです。また風水の越婢湯は発汗剤ではなく利尿剤です。麻黄は心臓の拍出量を増加によって腎血流量を増加し体内の水分を除去しようとしています。すでに汗腺は開いていますのでそれ以上の発汗を期待してはいないでしょう。

このように考え条文に加筆してみました。
「太陽病、発熱悪寒し、熱多く寒少なきも、脈浮の者は桂枝湯。脈微弱の者は、此陽無き也。ゆえに発汗すべからず、越婢湯。よって桂枝二越婢一湯の方に宜し。」
または
「太陽病、発熱悪寒、熱多寒少、陽浮して陰弱、陽浮の者発熱し桂枝湯によろし。陰弱の者、悪寒し陽無き也。不可発汗、越婢湯によろし。熱多く寒少なきゆえ、桂枝二越婢一湯の方よろし。」となります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

しょうかんぽん

Author:しょうかんぽん
傷寒論 厥陰病編が終わりました。
霍亂病の解釈は休憩にします。
ただ今、最初から読み直しています。
このブログのスタートの時とは、解釈に違いがあります。
より独創的な解釈になります。
しばらくお待ちください。
愛知の薬剤師、三品です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。