スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3人の薬学5年生

今年2回目の薬学生が3人、今週の木金と研修に来ていました。

毎回のように、調剤室のアナログな計りを見て、不思議そうな顔をしています。

上皿てんびん,上皿さお秤の使い方から、説明になりました。

分銅の使い方、メモリの読み方

手作業による9連の分包など

調剤薬局にはない時間を楽しんでくれたでしょうか。

私は、楽しかったです。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

しょうかんぽん

Author:しょうかんぽん
傷寒論 厥陰病編が終わりました。
霍亂病の解釈は休憩にします。
ただ今、最初から読み直しています。
このブログのスタートの時とは、解釈に違いがあります。
より独創的な解釈になります。
しばらくお待ちください。
愛知の薬剤師、三品です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。