スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

197,198 中寒

197「陽明病、若能食、名中風。不能食、名中寒。」

「陽明病、若し能く食すれば、中風と名づけ、食する能わざれば、中寒と名づく。」

前条と比較するには、
「陽明病、食する能力があれば、中風と名づけ、食する能力がなければ、中寒と名づける。」
これは前条を受けて、腹満はあるけれども食することが出来る間は中風領域に在り、食することができなくなったならば中寒であることを言っています。

198「陽明病、若中寒者、不能食、小便不利、手足濈然汗出、此欲作固瘕、必大便初鞕後溏。所以然者、以胃中冷、水穀不別故也。」

「陽明病、若し中寒の者で、食する能ず、小便不利し、手足に濈然と汗出づるは、此れ固瘕を作さんと欲す、必ず大便初め硬く後に溏す。然る所以の者は、胃中冷、水穀別たざるをもっての故なり。」

前条に続き、中寒の者について書かれています。
食することができない、小便が出にくい、手足にじわ~と汗が出る、これは固瘕を作ろうとしているからです。必ず大便の初めは硬く後は下痢になります。胃の中が冷えているので水と穀の区別ができないからです。
瘕・・・カ、ケ  腹の病、腹中の塊り
固瘕とは、久しく止まらない下痢。

中寒とはどのような病理を指していますか。
傷寒は陰陽倶、中風は陰陽交雑、では中寒はなに?
前条の中風中寒を考えてみると、中風では食することができますが、中寒では食べることができません。中寒は胃家の中が寒であるとすると、中風は胃家の中が温寒であるとなります。

「胃家の中が寒である者は、止まらない下痢となりそうです。食べることができず、小便が出にくく、手足は不安と緊張から汗をかき、大便は初め硬くその後は軟便となります。胃家の中が冷えているため、水分の吸収が出来ない為です。」

「傷寒、発熱、無汗、嘔不能食、而反汗出濈濈然者、是転属陽明也。」
「傷寒転繋陽明者、其人濈然微汗出也。」
汗が有ること、食べることができない、一部大便が硬いところから、いままでの胃家実ではなく、胃家寒実となります。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

しょうかんぽん

Author:しょうかんぽん
傷寒論 厥陰病編が終わりました。
霍亂病の解釈は休憩にします。
ただ今、最初から読み直しています。
このブログのスタートの時とは、解釈に違いがあります。
より独創的な解釈になります。
しばらくお待ちください。
愛知の薬剤師、三品です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。