スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

195 196 転繋陽明 陽明中風

195「傷寒転繋陽明者、其人濈然微汗出也。」

「傷寒陽明に転繋する者は、其の人濈然と微に汗出づるなり。」

「陽明に転繋する」とは、どこから陽明に転繋するのでしょうか。
転繋とは転属、繋となにが違うのでしょうか。
「濈然と微に汗出づる」状態が、陽明に転繋することの判断基準ということですが、これだけではなんともなりません。

前条にある陽明から太陰に繋がり在る事とは反対に、太陰から陽明に繋がり戻るときに濈然と微に汗が出でることを補説しています。

濈然と微に汗出づる・・・しとしと汗が微にあふれだすさま。

「脉浮緩、身に熱が有り汗が出る陽明から、身の熱と汗が無く手足温となることは、太陰に繋がり移ることの現れです。太陰の者は、まさに体が黄色になります。小便の回数が多い場合は黄色になりません。これは陽明が太陰に繋がり、太陰に中心が移動した為におこる症状なのでしばらく様子を見ます。そして汗が少しずつ出るようになってくれば、病の中心が太陰から陽明に戻ってくる様子であり、78日後には大便が硬くなり陽明となります。」

196「陽明中風、口苦、咽乾、腹滿、微喘.発熱、悪寒、脉浮而緊。若下之、則腹滿小便難也。」

「陽明中風、口苦、咽乾、腹満、微喘、発熱、悪寒、脉浮にして緊。若之を下せば、則ち腹満し小便難きなり。」

太陽病編における中風は陰陽交雑の状態を示していました。
陽明中風は、前条からの続きで考えると、陽明と太陰の交雑を現わし、どちらかに主軸を置くことなく、ふらふらしている状態を意味します。

脉浮而緊と脉浮緊との違いは
脉浮緊は、血管の拡張と体表の緊張により現れる脉証です。
口苦、咽乾、腹満は、臓の機能低下(気血停滞)です。
このため表が暖められずに、緊張と悪寒になります。
そして胸郭の可動がスムーズでなくなるため喘が少し現れます。
これに発熱が加わります。
脉浮而緊とは、浮になる発熱と緊になる悪寒が別々の原因からなっていることを現わしています。

口苦、咽乾、腹満、発熱を陽明の身熱と考え下せば、臓の機能低下が進行し、腹満が強くなり小便難が加わります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

しょうかんぽん

Author:しょうかんぽん
傷寒論 厥陰病編が終わりました。
霍亂病の解釈は休憩にします。
ただ今、最初から読み直しています。
このブログのスタートの時とは、解釈に違いがあります。
より独創的な解釈になります。
しばらくお待ちください。
愛知の薬剤師、三品です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。