スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陽明病 185 186 187

185「問曰、病有太陽陽明、有正陽陽明、有少陽陽明、何謂也。荅曰、太陽陽明者、脾約是也。正陽陽明者、胃家實是也。少陽陽明者、發汗、利小便已、胃中燥煩、実、大便難是也。」

「問て日く、病に太陽陽明有り、正陽陽明有り、少陽陽明有り、何の謂いぞや。答て日く、太陽陽明なる者は、脾約是なり。正陽陽明なる者は、胃家実是なり。少陽陽明なる者は、発汗し、小便を利し已り、胃中燥煩して実し、大便難き是なり。」

太陽陽明・・・太陽陽明なる者は、脾約是なり
正陽陽明・・・正陽陽明なる者は、胃家実是なり
少陽陽明・・・少陽陽明なる者は、発汗し、小便を利し已り、胃中燥煩して実し、大便難き是なり

陽明に3種類あることを説明しています。

陽明病とは、胃の病気なので、まさに中心として正陽陽明としているならば、太陽と少陽はどうなるのでしょうか。
太陽、正陽、少陽の比較は、正陽が中心となり、それよりも大きい陽が太陽、それよりも少ない陽が少陽となります。
「脾約とは・・・大便の秘結すること。脾は太陰に属し下利を主ると解せられているから、脾の働きが制約せられるときは、下利する能わずして反って日秘結する。だから脾約とは大便秘結のこと。医宗金鑑に、更衣せざるも苦しむ所なし、脾約と名づくるこの是なり、といい、また、その名づけて約となすなり、という。」
つまり、太陽陽明では、胃実において、胃中の津液の循環を約束(束縛)させられたため、便秘になることを説明して、陽明=胃実のおける陽が大である病態となります。
それに対し、少陽陽明では、胃実において、発汗と小便が利したことによって、胃中の津液がなくなり、便秘することを説明して、正陽より陽が少ないですが、発汗と利水により津液が減少したわけですから、病態としては陽明=胃実における陽が少ない病態となります。

胃実の病態に於いて、便秘する場合に、一つは胃の陽が大きい為、津液が減少し、循環できない為に便秘になる場合があり、もう一つは、発汗や小便が多く出てしまったので、胃中に津液が減少した為に、便秘になる場合があることを言っています。

186「陽明之爲病、胃家実是也。」

「陽明の病たる、胃家実是なり。」

どうして「胃」と臓器の実名を使うことになったのでしょうか。
これまでの太陽病編においては、身体全体の状態を見ており、臓器は特定してはいません。

「胃家」とは、胃と書くよりも独立性が高くなっています。他の蔵と区別しています。これは五行説が五芒星の形になる以前の、胃を中心に書かれている時代を伺わせます。
原子力発電所の原子炉が胃にあたります。
「陽明の病とは、胃家のトラブルのことです。」
胃家・・・例えば佐藤家とか三品家という家族のことです。

この陽明病は太陽病編とは視点がガラリと変わっていることになります。
太陽病編では、外邪による身体全体のシステムのやり取りに因る病態の変化を説明していました。
陽明病編では、胃家の病態について説明しますと宣言しています。

187「問曰、何縁得陽明病。答曰、太陽病、若發汗、若下、若利小便、此亡津液、胃中乾燥、因轉屬陽明。不更衣、内実大便難者、此名陽明也。」

「問て日く、何に縁りて陽明病を得るか。答て日く、太陽病、若しくは発汗し、若しくは下し、若しくは小便利して、此に津液を亡い、胃中乾燥すれば、因って転じて陽明に属す。衣を更へず、内実し大便難き者は、此を陽明と名づくなり。」

185条の少陽陽明と同じように便秘になる理由と共に陽明となることを記述しています。

この3条を比べると、下記のように見えます。
最初にあった条文は、186「陽明之爲病、胃家實是也。」です。
次に補足として追加された条文が、187「問曰、何縁得陽明病。答曰、太陽病、若發汗、若下、若利小便、此亡津液、胃中乾燥、因轉屬陽明。不更衣、内実大便難者、此名陽明也。」であり、陽明になる理由や判断材料を具体的に述べています。
そして185「問曰、病有太陽陽明、有正陽陽明、有少陽陽明、何謂也。荅曰、太陽陽明者、脾約是也。正陽陽明者、胃家實是也。少陽陽明者、發汗、利小便已、胃中燥煩、実、大便難是也。」この条文になります。陽明を3種類に分類し、便秘になる病態病理を記述しています。

「陽明之爲病、胃家実是也。」だけでは、理解できないので追記しています。
187条は、具体的な補足なので、胃家実是也の後に書かれています。
更に時が経ち、185条では病理病態を決定しているので、思い切って前に持っていき、時代はそれを認めています。

この3条に於いても、最低3人の医師が関わっています。
どのような医師だったのでしょうか。
一人は、張仲景、あとの二人については知る由もありません。
しかしこの条文が二人の足跡になっています。
名は残らなくても、医学の発展に貢献してきた医師たちの条文が、いっぱいここに書いてあります。
それを「私は読みたい」と思います。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

しょうかんぽん

Author:しょうかんぽん
傷寒論 厥陰病編が終わりました。
霍亂病の解釈は休憩にします。
ただ今、最初から読み直しています。
このブログのスタートの時とは、解釈に違いがあります。
より独創的な解釈になります。
しばらくお待ちください。
愛知の薬剤師、三品です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。