スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

158 十棗湯

158「太陽中風、下利、嘔逆、表解者、乃可攻之。其人漐漐汗出、発作有時、頭痛、心下痞鞕満、引脇下痛、乾嘔、短気、汗出不悪寒者、此表解裏未和也、十棗湯主之」

「太陽中風、下利、嘔逆、表解する者は、乃ち之を攻むべし。其の人漐漐(ちゅうちゅう)として汗出で、発作時有り、頭痛し、心下痞鞕満、脇下に引きて痛み、乾嘔し、短気し、汗出で悪寒せざる者は、此れを表解して裏未だ和せざる也、十棗湯之を主る。」

この条文も前2条を継続しています。
156「太陽、少陽併病、而反下之、成結胸。心下鞕、下痢不止、水漿不下、其人心煩。」
この「心下鞕、下痢不止、水漿不下、其人心煩」が激しくなった病態です。
「表解する者はのちに之を攻めることが可です。」
「漐漐として汗が出て、悪寒がない」ことが「表解する者」となり、「発作時に有り」とは「下痢、嘔逆が時に有る」となります。
問題はこの条文の病状の異常さに対しては、十棗湯しかないということです。
一般的には実邪が激しくなれば体力が奪われ陰病に進みます。しかしこの場合は体内に邪実のエネルギーが充満しており、その影響がいろいろな症状を表わしますが、邪実の発散に至っていないのです。
これが中風です。
現代的に言えば、ポジティブフィードバックが悪循環を引き起こしている状態です。
同じ経路をくるくる回転しながら邪実のエネルギーが高くなっていきます。
この連鎖を断ち切る為に、十棗湯を使うことになります。

この病気のはじめには表と裏があります。表が解していればこそ十棗湯ですが、表が解していなかった場合は、どうしたら良いでしょうか。

この状況下で医が考えることは、先に表を解することだったのでしょう。この体内に充満している邪実を解放するために、すでに嘔吐下痢はあるので残すは発汗なのです。つまり表証があるから発汗をさせようとしたのではなく、病状の異常さに対してすばやく発汗吐下法を使うことになります。
このように考えると、もし下痢がなかったら承気湯、大陥胸湯、抵当湯、嘔吐がなかったら瓜蔕散を使います。(実際には、承気湯類以外は使えません。)
発汗をさせる為に、どの処方を使うのかは問題です。
太陽中風から大青龍湯、病気の位置から柴胡剤(結果的に発汗となれば良い)、太陽陽明合病と診て葛根湯などが考えられますが、どれが良いかわかりません。
とにかく発汗することができた場合に、どれほど体内の邪実が発散できたかを診ます。
その結果が「発作有時、頭痛、心下痞鞕満、引脇下痛、乾嘔、短気」です。
これでは邪実は減少していない。
これには十棗湯を使います。・・・となりました。

ここでの発汗も結果的には「漐漐と汗出で」ですから、表解といっても異常です。
普通の場合ならば、発汗後に漐漐と汗が出ていたら「表は解した」というよりも「表が虚した」となります。ここの表現からもこの条文の緊迫感が伝わってきます。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

しょうかんぽん

Author:しょうかんぽん
傷寒論 厥陰病編が終わりました。
霍亂病の解釈は休憩にします。
ただ今、最初から読み直しています。
このブログのスタートの時とは、解釈に違いがあります。
より独創的な解釈になります。
しばらくお待ちください。
愛知の薬剤師、三品です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。