スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

384 傷寒噦而腹滿、視其前後、知何部不利、利之即愈

384「傷寒噦而腹滿、視其前後、知何部不利、利之即愈。」

「傷寒噦して腹満するは、其の前後を視て、何部の利せざるかを知り、之を利すれば即ち癒ゆ。」

利するのは、前後の小便か大便になます。

一般的には、腹部に邪実があるためにしゃっくりとなるため、大小便の様子からどちらかを利し、その邪実を改善すれば癒えます。
と解釈されています。
これならば、陽明病であり厥陰病ではありません。
噦の関係として、ここに追記されたことになります。

この条文が厥陰病であるとすると、解釈が変わります。
噦は、前条と同じく胃中寒冷のためと考えます。
腹満は、熱実となります。
治療はどうしたらよいでしょうか。
胃中寒冷と熱実が有る場合は、まず小便か大便を利することで腹満を癒します。
胃中寒冷は、そのまま残ります。
前条でも胃中寒冷に対する漢方薬は指示されていないので、OKです。
スポンサーサイト
NEXT≫
プロフィール

しょうかんぽん

Author:しょうかんぽん
傷寒論 厥陰病編が終わりました。
霍亂病の解釈は休憩にします。
ただ今、最初から読み直しています。
このブログのスタートの時とは、解釈に違いがあります。
より独創的な解釈になります。
しばらくお待ちください。
愛知の薬剤師、三品です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。