スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脈経 平脈早晏法第二

平脈早晏法第二

「黄帝、問うて曰く、それ脈診は常に平旦をもってすとは何ぞや。
岐伯、答えて曰く、平旦は陰気いまだに動ぜず、陽気いまだに散ぜず、飲食いまだ進まず、経脈いまだ盛んならず、絡脈調均ず、血気いまだ乱れず、故にすなわち診すべし、これを過ぐるは非なり。
脈の動静を切して、清明を視、五色を察し、五臓の有余不足、六腑の強弱、形の盛衰を観て、もってこれを参伍して生死の分を決す。」

「脈診をする時は、早朝が良いと言うのはどうしてですか。
早朝は陰気がまだ動き始めていない。
陽気も発散をはじめていない。
食事もまだだから、経脈の流れも盛んになっておらず、経脈の流れも平均に調っている。
したがって気血の流れも乱れていない。
だから早朝に診察すると良いと言います。
健康な人だとこの時間に太過や不及の脈はありません。
もし太過や不及があれば病気があることになります。
また脈の動静、すなわち状態をよく診察するとともに、眼の玉に生気が有るかどうか、あるいは皮膚の色や光沢の状態も診察します。
そうして五臓六腑の働きの有余不足や強弱、あるいは盛衰などを観察して、すべての状態を総合判断して、その患者が治るか治らないかを決めるのです。」
スポンサーサイト
NEXT≫
プロフィール

しょうかんぽん

Author:しょうかんぽん
傷寒論 厥陰病編が終わりました。
霍亂病の解釈は休憩にします。
ただ今、最初から読み直しています。
このブログのスタートの時とは、解釈に違いがあります。
より独創的な解釈になります。
しばらくお待ちください。
愛知の薬剤師、三品です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。